2012ライトエロ投票結果

1位(5票)

絶対★は~れむ(4)(5)/久遠ミチヨシ
1385668645934802.jpg
・5巻になって新キャラが出てくるとは思いませんでしたが。それも懐妊してるし…そろそろ
収束に入ってるみたいですが、ハーレムものはやっぱハーレムのまま終わるのがいいなぁ、と。

・相変わらずの安定株。和湖さんとの絡みがあったのでより良かった。

・貴重なストーリーが動きつつ抜ける連載エロ。最新巻がダントツに抜けました。
もうひとつの短編?新刊が待ち遠しいです。

・3・4巻で横道にそれた印象だったが、伏線を回収しつつ好転。
実用性の高い新キャラが魅力的で強烈なスパイスになっている。カラー収録がある点もいい。

・正直こういう連載物よりも「つつんでひらいて」みたいな短編の方が好みなんだけど、別に
ストーリーそこまで悪くないし相変わらず絵はかわいいので入れちゃう!

2位(4票)

正しい魔術の遊び方/八尋ぽち
57286338_convert_20131129050706.jpg
・物体交換黒魔術で可愛いあの娘に悪戯だ!な一話完結型連続ストーリー。女の子の体の一部と身の回りの物体を空間的に交換し、それを嬲る事で蕩けさせ、そのまま本番になだれ込むと言う流れは鬼畜そのもの。しかし、それが陰湿なものにならないのは、開いた本におっぱいがくっ付いていたり、ボーリングの玉の穴が女性器になっていたりと、そのビジュアルがコミカルであるため。女の子が訳も分からず羞恥に戸惑い、エッチな気持ちになる様は、嗜虐心をくすぐり、笑えると同時にエロティックだ。正にファミレスで友人と駄弁るエロ妄想のような話で、それを見事に結実した傑作

・ギャグ枠?超能力?魔術?の使い方がバカ過ぎていいです。
その分エロは二の次になってる箇所もありますが、それはそれで。

・わらけて抜けない事うけあいなのですが、実は猛烈にエロい。
ライトもいいですが今年こそマーク付き新刊が欲しいっす。

・あまりにもバカ過ぎる話にライトとは思えないエロ。
ライトエロといったら去年はコレじゃないだろうか。

3位(3票)

芳蜜ソルト/高橋こばと
芳蜜ソルト.jpg
・元家政婦の未亡人との、本音を隠し合った情事で紡がれる切ないラブストーリー。相手の社会的立場を思う故にその慕情を秘する為、二人の関係は停滞せざるをえない。運命の再開を果たした後、偶然一緒になったパーティを抜け出し、ほろ酔い気分で最良のムードになっても、そのまま別れて別のセフレ娘と欲望を吐き出し合う場面のエロさには感服してしまう。その後も未亡人が焦がれる思いを強く圧迫するが故、僅かな切欠でひと度肌を重ねれば、高熱で蕩け合い、夢中で男性器を頬張り、絶頂を丁寧な敬語で知らせたりする堪らない描写が続く。要所々々で発せられる、本音、建前、冗談が絶妙で、目新しい要素がないにも関わらず、そのエロティックなストーリーには脱帽するばかり。

・年上のお手伝いさん→友人の義母。いいですねぇ。他のキャラとは一切関係なくひたすらというのもなかなか。個人的にあそこまで苦悩する必要はあったのかな、と思わなくもないですが、それは楽観的過ぎなのかな。

・突然辞めた家政婦、その数年後再会した人妻(未亡人)との情事。両者フリーだから、何故別れたのか?あのラストはどうなのか?との疑問は残った。女性上位の胸の描き方が素晴らしい。

4位(2票)
MILKティーチャー/辰波要徳
たつなみ.jpg
・去年この人がここで推奨(推薦じゃなく推奨)されてたことを思い出し、向こうの初冬の不作期(Hisasiかクジラックスか二択の時期ね)に迎撃~と一緒に買った。胸の大きすぎる専門学校女性講師(既婚)にイロイロと憧れる生徒がなんとかあの爆乳と親しくなってこう俺のモノにしようと奮闘・・・・しようとしたらあっさりカラダを許してくれる話。眉目麗しい美人が自分の胸とカラダの熱さを持て余して肉欲に溺れていく。日常生活のいつどんなときでも性行為したくなる非常識なエロエロボディから最初から目が離せないんだけど、そのうちに史子のほうからストレス発散で発情してチンコを求めてくる展開が嬉しい。コンビニエロの大雑把な展開とおっぱいを乱暴にガシガシ揉み込んだり史子がそれに答えて巨躯をユッサユッサ大きく揺らす豪快さがうまく噛み合ったと思う。もうちょっと言うと、史子が心を二段階で許してくれて、それぞれの件で上機嫌になって髪をおろしての必殺勝負下着プレイをする(ただ下ろすだけじゃなくて全ての髪を肩の前におろす。すげーエロい)その2つと最終回SEX(何プレイかはお楽しみ)の濃厚な交尾に超・大満足。あんまりアレなんで最初「いやーANGELって良い雑誌だなーこれがシール無しで読めるなんていい時代だなー」とか勝手に勘違いしてた。冬が終わる前に今すぐ買ってきたほうがいい。捗るぞ。

・巨乳淫乱人妻女教師と、彼女に惚れているおっぱい大好き青年とのエロ・ラブ・コメディ。普段は手厳しく流麗で憧れの美人おっぱい女教師は、実は不倫をしていて、その相手は青年の実兄。さらに自分の部屋に勝手に上がりこんでは、おっぱいを放り出したメイド服を着てイチャイチャを見せ付ける淫乱女教師だった、という設定からして馬鹿々々しくて可笑しい。この普段と淫乱時の落差が魅力的で、それはドラマ部分でも表れ、片乳車運転など、自慢のおっぱいをめちゃくちゃに弄ばれてよがり狂う場面があるかと思えば、一人の女性の恋心の移り変わりを、携帯の着信で表わしたりドライな演出で描かれもする。最終回も圧巻で、おっぱい大好き青年の馬鹿々々しくも熱い生き様はある意味感動的だ。とにかくおっぱい描写が圧倒的で、重力、慣性、流体力学をも感じさせるそれは、フェティシズムの極地だ。

彼女とフェチのエロい関係/東雲龍
しののめ.jpg
・たっぷりとした体付きの女の子達によるちょっとフェティッシュな短編集。タイトル通り、お尻、ローション、ぶっかけ等、変ったシチュエーションの話が多め。とは言ってもエロマンガとしては標準的なものなのだが、特筆すべきは女の子の仕草、表情の可愛らしさで、レンタル店で少し興奮気味に彼を18禁コーナーに誘ったり、ぶっかけプレイの要請を照れながら許可したり、露出羞恥プレイ中に彼の上でおっぱいおまんこ大開放なのに顔だけ手で隠したり等、未知の性へのぎこちない挑戦の姿が見事に描かれる。これらが重力や手によってひしゃげながら、肉質を強調する豊満な裸体と供に描かれるのだから、その破壊力や尋常ではなく、エロ可愛いとは正にこのことだと力説したい逸品。

・姉妹丼が前後編+オマケの他は1話完結。題名にフェチが付いてるがそれ程でもない。ツンデレナース加藤さんと普段地味な芦屋さんが良かった。

過ち、はじめまして。(1)/色白好
色白.jpg
・最高。ウツ抜きにはマーク付含め最高の抜け。そもそもが超ドストライクの作家なので何やっても評価激甘です。個人的には2012エロ漫画新人賞&MVPはこの人にあげたい。

・使用頻度では今期最高評価。別単行本↓が指定を受けたが、折れずに実用性という魅力を貫いている。今後は立体的なストーリーテリングを期待。

やわらかおんなのこ/色白好
やわらか.jpg
・話の完成度はやや下がるものの女の子の可愛さはデビュー作も最高。ちなみに担当対策の3Pモノだけあんまり好きじゃないです。

・まず絵柄が俺のツボどストライクなのと、愚直と言っていい位の真正面からお話を構築しようとしてるのが個人的に好印象なんで。

みっくすパーティ/大見武士
みっくす.jpg
・乱交パーティを主催するツアー会社の女社長による奮闘記。その題材から、読み始める前は否定的な気持ちがあったのだが、それはすぐに杞憂であると分かった。主人公は新入社員のバス運転手で、物語は彼の独白と供に語られ、それ故に乱交趣味を客観的に説明し、その実態を丁寧に描写する。主人公も彼らと接しているうちに徐々に打解け合い、その趣味を共有する様になるのだが、終着点はその趣味のない女社長との純愛へと定まる点が非常に面白かった。この様に実直に描きながらも興を追及する姿勢は全編にわたり、ライトエロの宿命である白抜きも最小限に抑え、且つその上でヒップラインや肉付きを艶やかに、迫力たっぷりに描き上げるその力量は真にプロの仕事だ。そして日本の新興零細企業が何によって追詰められるのかもしっかり描かれていて驚かされると供に考えさせられる。あらゆる要素を取入れ楽しませると供に、細腕で頑張る女性の恋愛を温かい視線で描いた読後感も抜群の作品。2012年発売のライトエロでベストのエロ面白さ。

・哀川編集長等と同様の作者オリジナルながら、主人公のモノローグによる進行は完熟~お姉さんの読者投稿シリーズのスタイルを踏襲。大見の代表作といっても過言ではない出来。

月刊哀川編集長(5)/大見武士
編集長.jpg
・今まで通り、哀川さんと今井君がHしまくり。浮気や寝取り等が無いので、その方面に耐性が無い方には安心。

・本編の連載終了が悔やまれる良作。昨今のライトエロにおいての眼鏡ヒロインの金字塔。ややマンネリ感は否めないが、もう少し長く哀川さんとのからみを読みたかった作品。

NIGHTMARE MAKER(5)(6)/Cuvie
ナイトメア.jpg
・まあ儲なので。エロマンガの方では入れられなかったのでこちらに。オチはかなり納得できない話ではありますが、渡会さんのレイポとか一般誌としてはエロエロ過ぎですね。次はREDで描くとのことですが、烈よりかはエロ控えめになるのかなぁ、どうじゃろ。

・信者なので。とうとう完結したが1巻の茅野先生陵辱を越えられなかったのは残念。多少、読者の見たいものと離れてしまったのはライトエロの限界か。

新妻のそだて方(1)/ジェームスほたて
新妻.jpg
・相手も知らず親や会社の策略で結婚した2人のおっかなびっくり新婚生活ラブストーリー。望まない婚姻であったが、その直前に偶然出会った2人は意気投合し、あれよあれよという間に新婚生活に突入してしまう。世間知らずの令嬢で、ドジっ子で、ひきこもりのヒロインは、新婚である事のぎこちなさも手伝い「にいづま」という別の生き物として名付けたくなる様な可愛らしさ。Hに対しては健気にこなし、初めはぎこちないながらも回数を重ねるにつれ快感に身を任せながら夫との愛を深めていくその様は、愛おしくて愛くるしい。前作の東京都のいじわるによって生まれた作品なのだそうだが、こんな魅力的な作品が生まれるのなら満更でもないと思ってしまいそう。

・最初エロがほとんどなくて大丈夫かと思って読んでたんですが、新妻をどんどん開発していって今ではエロエロに。いやぁごちそうさまです。こんな新妻欲しいですね、ホント。

戯姉弟/陸乃家鴨
疑姉妹.jpg
・生き別れた弟と同じ名前、同じ歳の男と肉体関係を持ってしまう。ベテランで作風等は完成してるが、ワンパターンさを感じさせないのは凄い。

・ストーリー面ではあいかわらず最高レベルの技術と安定感。行きずりの相手という点を演出でうまく昇華して見せている。からみも背徳的でよい。

  • 最終更新:2013-11-29 05:32:18

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード