2013総評③

最終日(正午から) +18人

・年間の購入冊数は23冊で、その8割が年の前半に集中するという年だった。
個人的には修正はいま現在の雑誌基準(X-EROSとか)なら許容範囲なんだけど、
チンコの形に真っ白/真っ黒に切り抜かれていたり
「修正されないつもりで描かれた絵が修正された結果絵として訳がわからないもの」になる事には
失望するし萎える。 その点では「乳色吐息」はたいへん残念だった。
過渡期を過ぎれば、そういう不幸なケースは減ると思いたい。

その他の2013年のトピックは、個人的には Comic Juicy だな。
笹倉綾人や巻田佳春が掲載されてるのが喜ばしい。長く続いて欲しい。

2014年は倉澤まことの単行本と滑空の復活を期待。
今年も良いエロマンガに巡り会えますように。
==============================================
・去年は48冊購入。何だかんだ毎年50冊前後買ってます。年々平均レベルが上がって選考が大変です。
単純なエロさ、話や絵なら他にも優れた本は多数。万人向けか否かという点も考慮し選考。
それでやっとこさ決定。自分の好みの恋愛系エロかどうかってのも大きなポイント。
 
魂入ってるのは伝わるものです。作家様方有難うございます。
==============================================
初参加です。
見ての通りですがロリ漫画が大好きなのでそこを中心に買っています。去年は42冊買いました。
2chではロリ漫画総合スレなどを見てその月にでる作品をチェックしています。
購読していない雑誌やアンソロの作者さんの単行本ですと、
どうしても自分の趣味に合いそうなものでも見落としてしまうこともあるのでとても助かっています。
それにしても自分の挙げた作品は妹ものが多くなってしまったなぁ。
別に妹ものが特別好きな訳ではないのですが、深層心理では妹ものを求めているのでしょうか?
気に入った作品を5つ選ぶと傾向が見えてきて不思議ですね。
==============================================
・今年も購入した1冊だけを投票しました。
普段ライトエロばかり読んでいるので、こちらの方ではより絵柄や、性器の描写に目が行きます。
やはり大判になると迫力が違いますね。昨今の騒動には本当に悩まされます。
それらにどう対処すればいいのか考えながら、微力ながら活動させてもらってます。
今後のエロマンガの発展を願って。
==============================================
・今年で3回目の投票です。買った本の内容は
 キル1 コア3 ヒット2 ワニ13 茜5 GOT1 TI3 一水1 三和1 MAX1 合計31冊でした。
今年もレベルが高く選考に悩みました。選んだ基準は「オナニーするときにおかずになり満足できた」
ことです。面白い話や絵柄がうまい作家さんもたくさんおり、次点は
ぴょん吉、ホムンクルス、和六里ハル、犬江しんすけ、東山翔、momi、荒草まほんetcです。
今回気になったのは出版社がプッシュする作家さんの単行本を上下巻で発刊することが
時折ありますが、どうしても長編ものはストーリーにウェイトを置かねばならず
エロが二の次になってしまうような気がします。岡田コウ、赤月みゅうと、
去年の師走の翁、あるいはTANA。どの作家も悪くはないのですが、単発で以前に
出した作品の方が良かったように思えました。エロ漫画は私にとって癒しです。
出版社あるいは我々読者が言って大変でしょうけど作家のみなさん体に気をつけて頑張ってください。
==============================================
・昨年はエロ漫画受難の年でしたね。メガストア廃刊、きつい修正、それが単行本まで及びました
もうエロ漫画は潮時なんだろうかと思いつつ、それでもエロ漫画のすばらしい作品に出会うために
今年も懲りずに買いました。今年は児ポ法や青環法が国会に提出されると噂されますが
何とかエロを守っていきたいと思った所存であります
==============================================
・毎年思うが、年々レベルがあがっている。そのせいか、2013年の購入数は過去最高の35冊。
ただ、下半期に出たものは修正がキツくなって、正直興ざめな部分もある。
エロマンガを虐めるな。規制すべきものはもっとあるだろうに。
==============================================
・今年も楽しませてもらいました。来年も良い漫画に巡り合えますように。
==============================================
・むっちり巨乳と人妻寝取りものから五作選んでみた。
どれもそのジャンルで洗練されて名人芸といっていいエロ漫画ばかりで個人的には豊作の年だった。
消しがひどいことになっている今の風潮を見るに今年までがエロ漫画黄金期だったのかもしれない。
あと、大好きだった如月や月野が受け付けなくなって個人的嗜好の変化なのか
作家の作風の変化なのかわからないが残念でしょうがない。天竺浪人が廃業したのも残念。
==============================================
・いやーラブラブって本当にいいもんですね。
去年購入したのは投票した5冊きり(後ははマークなしのDr.P)
後半に忙しくて、リスト確認してて桃之助や赤井丸乃進が新刊出してたことを初めて知った。
タイミングを逸すると買わなくなるから、今年はアンテナちゃんと張っておかないと。

エロ漫画での自分的ニュースといえば、桂井の白黒2冊同時刊行でしょうか。
“不純物”があると厭な原理主義者としては、こういうのはかなり嬉しかった。
……最初の告知を聞いた時は。なんでセットのみなんですかねぇ。
==============================================
・ティキソー(泣)
2013年も廃刊やら期待してた作家さんが撤退したり悲しみが多かったものの、
期待したい新人さんもどんどん出てきてなんだかんだで普通に楽しんだ。
あとJuicyにはなんとかして続いていただきたい。笹倉のエロ見れるのここだけなんよ……
2013年分の未単行化枠では神谷ズズが相変わらず良かったので本をガン待ちしたい。
==============================================
・去年は消し騒動があったり、五輪が決まったりとネガティブなニュースが目立ったが、
大作も多数発売されたりとエロ漫画的に激動の年だった。
今年もいろいろありそうだが、出版社は負けずに良いエロ漫画をたくさん出してほしいものだ。
==============================================
・快楽天スキーが、とりあえず自分の好みだけを揃えて並べてみました。
昨年より自分のストライクゾーンの作品が多かったのでしばし考えましたが…
やはり年々、実力ある作家が増えてきたように感じます。
今年もレベルの高い作品が世に出るのを楽しみにします!
==============================================
・出版社がガサ入れされたり、その後の修正問題とか業界が大変な年だったし、
個人的に例年よりも2割ぐらい買う量が減ってたけど、その分一冊一冊が例年以上に濃かったと思う。
==============================================
・いつも新人さんを入れようと考えてるのですが2013年は質が高く手馴れた人は多かったものの
5段階で4という感じで投票しきれずちょっと残念です。
ともかく、逆風というかいろいろ厳しいご時勢ですが
良いものは買い続けますので、頑張っていただきたいです
==============================================
・例年より投票数が少ないようなので初参加した。
エロ漫画も色々大変なようだが、作品の質自体は間違いなく年々上がっている。
今年も良作が多数出てくれると嬉しい。
==============================================
・初めて投票してから今年で3年目になり、なんとなく自分の細かい好みも分かってきた今日この頃。
今年は規制や修正問題もあり厳しい後半にはなったが、それでもレベルはやっぱり
年々高くなってるなぁと感じた。(毎年言ってる気がするが) 待たれていた大作もそれなりに有り
ラインナップとしては充実した一年であったと思う。既に始まってはいるが、来年以降は修正により
エロ漫画界にとって厳しい時代になりそうなのが本当に残念。 特にチンコの描写に力を入れた作家が
好きなので、修正によりバッサリ消されて意気消沈しているのを見ると廃業するんじゃないかと
心配になる作家も多く、本当に何とか頑張って欲しい。修正濃くても買うので。
規制があると燃えるのもまた日本人なので、修正を回避した表現方法も色々産まれてくるのではないか
と期待はしている。エロ漫画家の暗い話もちらほら聞こえたりもした年だったので
一エロ漫画好きとして何か応援活動してみようかなあとも思ったり。
なんにせよ今年も気に入った漫画はガンガン買って行きたい。
==============================================
・5点に作品を絞るのが困難でした。ぴょん吉の今後が非常に楽しみです。

最終日(ラスト1時間)+12人

・13年は自分でも新規開拓が少なく、購入数も例年より少なく終わってしまったと自覚してしまう
1年でした…消しの評判などで回避したものも皆無とは言えず。とはいえ投票した黒岩瑪瑙だったり
畑違いになるとはいえマーク無しのDr.Pのももいろデイドリームは変わらず気に入った所から
消し云々よりも中身が良ければ大きく変わらない満足感を得る事はできるというのも認識した次第
(当然、気にならない消しである事に越した事はないが)。

今年2014年は13年に気になったけど買っていなかった本、ここの投票で新たに気になった本、そして
新たに発行される新刊も「これは特攻しよう」と思ったものは恐れずバンバン買って行こうと
思った次第です。
==============================================
・総評が語れるほど昨年は買わなかったというか、数えてみたら30冊以下だった。
そんな中でもイノウエマキト/Wet.が奥付に第一刷発行2013/1/30とあったので、つい2日前まで
投票する気満々だったんだが、リストに無くてあれ?と調べたら一昨年末の発売で天仰いだ。
コレ所収の「熱病」は実用面での最多ローテーション短編だったのにーとか昨年の投票見たら
2票しか入ってないしーとかでいろいろ残念ではあった
==============================================
・藤ます先生に次ぐ、口淫描写が巧みな作家が出てきたことが最大の収穫。
他にも肉感のあるむっちりした作家が次々と出てきて、むちむちおっぱいスキーとしては
ありがたいことこの上ないです。 結果的に久方ぶりに新刊を出した作家をチョイスしたが
手にした作品はいずれも当たりでホクホクでした。
==============================================
・エレさわは最後まで迷いましたが、初単行本補正に敗れました。
青木幹治は間違いなく傑作なのですが、上記のラインナップに混ぜ込むにはちと抵抗が…。
他は尖っているものが僅かに不足していた感じ。

2013年は正直「エロマンガ界が停滞した」とはっきり感じる年でした。
これまで溜め込んでいた構造的な問題が噴出したというか。
まあこれまでが異常だっただけで、今の量と質が維持されるならいち消費者としては問題ないです。
維持できるかが一番問題なんですけどね。またベテラン勢に引退だの廃業だの切られただのといった
発言がいつもより目立ち、自分のような重度のジャンキーを世話してくれた方々が消えていく
(かもしれない)のはつらいっす。ただ、新人の発掘ペースがゼロスやアンスリウムのおかげで
さらに把握できないレベルに達しておりそういう意味ではまだまだ勢いは衰えない、ようにも思えます。
今年は雌伏の時かなあ。
==============================================
・今年は自主規制のせいで上がらなかった作品も多いと思うので
投票自体辞めるかと悩んだけどやっぱり残念王子を入れたかったけど修正見て買わなかったのでパス。
あんなことがなかったらと思うと残念。

絵がうまい人が増えたけど、話がうまい作家さんじゃないとただの記号なんだよね
キャラが立ってる漫画が好き。エロくて絵がうまいとさらにいい。
最近は絵柄が似て名前も似たような新人が多くて、見分け付かない。
==============================================
・最後の1枠は正直コレという決め手が足りず4つにしました。
あとはかわいそうだけど、コアの消しはさすがに萎える要素で、井雲とはもは候補から外れた。
(他社だが林田虎之介は消しが濃い上に粗くて買うのもやめてしまった)
成人指定の単行本くらい最悪、数年前のワニ消し程度で止まってくれたら…
==============================================
・2013年はオオバンブルマイの新刊の消しが酷過ぎたのが個人的には一番痛かった。
オオバンブルマイの新刊は消しが薄かったらナンバー1として推したのだが・・・。残念無念。
==============================================
・業界を一望して消しや規制など嫌な雰囲気が漂っているが、作画や話の描かれ方など業界自体の
レベルは上がってきていると勝手に考えております。特にコアマガジンの雑誌からワニマガジンの
雑誌に流れた漫画家が多いため、ワニマガジンから出た単行本は例年に比べても読み応えが
あったように思います。しかしながら年々自分の読んだ冊数が減っていっているのは
悲しい話でありました。今年は昨年以上の150冊を目標に読み続けていきたいです。
来年も無事投票が行えますように祈っております。
==============================================
・今までは好きなジャンル的に同人の方が高品質なので成年コミックは買っていませんでしたが、
今思えばもっと早くから興味を持っていればと後悔しています。
年間購入量も7冊程度なのでほとんどの作品がランクインしてしまいましたが、流石に商業だけあって
漏れた作品含めて高品質でした。深くキャラクターを掘り下げることができるシリーズものが好きな
自分には、短編集という形の単行本が多い成年コミックは若干合わないと思ってましたが
抜くときはそんなのどうでもいいことに気づきました。業界には逆風というか吹雪並みの暴風が
吹いているようですが、今年も素晴らしい作品と会えることに期待したいと思います。
==============================================
・狙った訳ではないのだが、気付いてみたらくしくも投票した作品は全てエンジェル出版だった。
熟女寄りの誌面?が自分の性癖に合ってたのかもしれない。今年は特に。
表現規制諸々厳しい昨今だけど、これからもエンジェル出版には期待してゆきたい。
==============================================
・まだエロ漫画を本格的に漁りだして日は浅い新参者ではあるが、買いまくってたワニマガの本以外が入るとは思ってなかった。そのあたりエロ漫画の奥ぶかさを感じさせてくれる1年になったと思っている。
俺自身が節操無し(?)なせいもあるかもしれないが、他にも多くの候補作が有りなかなか絞り込むのが
大変だったあたり、豊作だったのではと思う。もうすっかり背徳シチュでしか興奮しないカラダに
されてしまったと思っていたが、ランキングでもわかるとおり、シチュよりも女の子がいかに可愛く
エロいかが大事だと気づかせてもらえる年だった。あんまりコメントいいの浮かばなくて残念。
せっかく出会えた素晴らしい趣味なのに、警察が余計な事したり国が不吉な法律を成立させようと
していたりすることに大きな不安を感じている。実際単行本にも修正の仕方に変化があったりして
何だか悲しい。微力ではあるかもしれないが、単行本を今年も買うことで業界の発展に貢献したい。
==============================================

+α 7人

・ 自分の拙い文章力では作品の良さをうまく表現できないのが、とてももどかしい。
今回上げさせてもらった5作品は絵の上手さのみならずストーリーでも秀逸で、
実写AVに最も欠けているストーリー性を巧みに組み込むことで
リアル3次元に負けないエロさを出していることは、実は凄いことなのだと改めて気づかされた。
==============================================
・去年は好きな作家とメジャー作ばっかで発掘を怠ってたなぁ……
まぁその分ゼロス買うようになってたが。今月末には紆余曲折の末アグネスファイト完結
単行本も出るそうだからファンとしては楽しみでしゃーない。しかしこう見ると3冊目の単行本多い。
少女とギャング~も作者オリジナルとしては3冊目だし。
==============================================
・単行本を待ってた作品が今年は一気に出たので結果的にはかなりの豊作でした。
まあそのワニとかコアとかありましたがとりあえず一息ついたようでなにより。
でも規制とか色々ありますが2014年もどうかひとつよろしく。
==============================================
・今年もというべきなんでしょうか、全体の作品の質は高く、こんな漫画が読める日本に暮らしてて
よかったって思える日々を過ごしてました。だからこそというべきか、コアマガジンをはじめとした
規制の魔の手を何とかしたいと日々思う次第です。今年もすばらしいエロライフにすべく、なんとか
業界はがんばってほしい。読者も力を貸すから!!
==============================================
・2013年はエロ漫画にとって受難の年だった。モザイクがこんなにも萎えるものだとは…。
早くこの嵐が過ぎ去ってほしい。
==============================================
・選外含めて見れば明かだけどNTRスキーのフェラスキーのSMスキーなんで今のスレ住人の主流からは
外れてるのかな。去年一番のオレ的話題は桂井よしあきのコミックが出たのが一番だった。
==============================================
・エロ本をたくさん買うようになったのは今年が初めてなので去年との比較は避けるが、
3月に4冊も自分のつぼおさえている本が出たのでそれが一年を通した購入意欲につながった。
購入した作品は満足できるものが多く、充足感を得ることができた一年だった。
==============================================



  • 最終更新:2014-01-14 02:32:14

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード