2014ライトエロ投票結果③

総評

◇毎度同じく3回(以上)使ったもののみ投票。今年は次点(≒2回抜き)なし。
時間を置くとまた読み返したくなる、深い味わいと豊かな胸のある3冊。

これら+あまね②(去年まとめて投票扱い)のたった4冊だけで一年通して緊急時の非常食ローテーション手堅く守ってくれた。読むもんがなくて困った、は去年なかった (エロ漫画おちおち読んでらんない世相でもあったが2014年)大満足の一年でした。この「非常食」ってスタンスがライトエロにふさわしい・ライトエロのあるべき姿かたちだと思います。
(向こうの投票がオカズ、ならこっちはおやつ、だな)

今年もオイシイおやつにたくさん巡り合いたい。

年末ぎりぎりに、丸善がジュンク堂書店を買収したってニュースがあったから、じゃあ竹のほう(CSコミックス)はこれから丸の内のオフィス街とかで堂々と売った方がいいと思った。
エキナカの本屋でレディコミしれっと売ってんだからライトエロも別にいいっしょ。どうかな?

あとこのスレそろそろ>>1船頭でオフ会とかやってくれよ、休みとっていくからさ。


◆2014年もかなり厳しい状況で、修正が抑えられたのは良かったもののエンジェル出版のコミックスが一般売りではなくなり、例の「妹ぱらだいす!2」の事件は四方に影響を与えている様子で、テックジャイアンスタイル名義のコミックスは望めなくなっている様だ。雑誌の休刊も目に付き、電撃姫の休刊、とりわけチャンピオンREDいちごの休刊は辛いニュース。しかし竹書房の近代麻雀オリジナルのリニューアル誌、月刊キスカが思いの他ライトエロだったり、アクションピザッツから、新しい雑誌がまた生まれるらしく期待できる話題があることは嬉しい限り。2015年が良い年でありますように…。


◇2013年分は昨年規制を喰らってギリギリエロ漫画大賞の代理スレのみでライトへは投票出来ず2012年分以来。ライトエロ女王の久遠ミチヨシ氏は絶はれ以外を描いても外さないし東雲龍さんも安定。あと「縄」には陰毛描写がバッチリで性描写も有るけど、これが有害指定されないのに消しが広くアブノーマルでも近親でもない双葉系がバンバン指定されてついにエンジェルに移行されたのを見ると有害の基準がちょっと分からん。


◆2014年も規制や回収・廃刊する雑誌などもちらほら、良いニュースに恵まれることはなかったが、その中でエンジェルが新たに創設したB6版のマーク付き単行本は、ライトエロ・マーク付き問わず、今後を占うという意味で気になった存在だ。作品という面では昨年に引き続き、ベテラン勢作家が各々気を吐いているなという印象であった。しかし勝負しているかと問われれば大半が得意ジャンルを流しでやっているに過ぎず、総じて苦戦しているとも見てとれた。
難しい課題が突き付けられているジャンルではあるが、健闘を期待したい。新規参入が少ない中で今年気になったニューカマーは東野みかん。荒削りではあるが、やや太めで肉感表現に特化した絵柄は魅力だ。

◇いろいろと見直してみましたが、双葉社というかエンジェル出版のばかりになってしまいました。指定が続いたからか、途中からあきらめてマーク付にするようにしたからエロ度はあがっていますしね。ヤンコミもエロ度を下げようとして失敗して、結局元のエロ度に戻ってしまいましたし混迷してますな。他にもいろいろ買ってはいるんですが、読んでないのが多くてなんとも。なんかいいのがあったかもしれず。

◆その都条例有害指定について。現状では制定基準があいまいすぎて腹立たしく感じることも
多いのですが、個人的には年齢制限の有無を分けるのが性器描写の有無だけみたいな出版側にも問題はあると思ってます。上記した内でも特に「毒妻クラブ」は、まぁ仕方ないかなという感じ。もっとも大抵の単行本は書下ろしではないので、雑誌掲載時に牽制なり指導なりしてくれればなーと思わなくもない。それはそれで問題あるかもですが。

  • 最終更新:2016-02-02 11:03:01

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード