2014一票作の魅力④

10月

ろりパコ ぶらっくぱぁーるず!/あかざわRED,
・ロリビッチにくぱぁさせれば右に出る者のないあかざわREDがロリの総本山LO等で描いた作品集。
結果一皮向けたというか業が深まったというか、ああこの人ホンモノなんだなぁと実感するものが出来ちまいました。経験豊富な小学生に甘やかされながら優しくリードしてくれて童貞卒業させてくれる『パコパコまこちゃん』がとにかくツボ。膣内が爆発するんじゃないかと思うくらい迫力のある絶頂描写が凄まじい。
ただ全体的に受けシチュが多く、中にはバックの貞操どころか生命や睾丸に関わるレベルの責めで悦べる位のハードMじゃないと受け入れられない作品もある点には注意。私はなんとかイケるが。

ぷちハメ!!/yam,
・yam氏は正直そこまで好きという漫画家さんではなかったのですが、神様シリーズが好きだったので
初めて本書を買いました。神様シリーズはいろんな土地神さまの霊力回復のためにセックスするという
割とありがちな話なんですが、とにかく3人の神様が猛烈にかわいいのです。
私的キャラクター・オブ・ザ・イヤー。

ママ×パコ 完全版/アガタ,
・今年の個人的ベスト。全9編のうち8つがママショタという濃厚な母子ものである。
女の子はほぼ全員肉付きのいいむっちりとした体形をしている。
母親は若いキャラデザで熟女が好きじゃない人でも楽しめるだろう。

しつけあい/空巣,
・実はメメ50先生目当てで買いにいったのですがその時は延期で発売されてなかったのです
でもしつけあいもなかなか良かった。キラリちゃんの痴漢される所は素晴らしい。
初単行本にしてはなかなか良かったです。

わーく&せっくす/甲斐ひろゆき,
・以下ノンフィクション。
2014年、アキバオータムリーフに足を向けるたび(Heyの裏口出てすぐヨコなんだあそこ。いきやすい)真激パラ見してdoumouは今どんなかなーって見てたけどだいぶヤバイ。エースofエースどころじゃない腕の上がり具合。たぶんクロエ出版の歴史上一番いいレベルとかそういう上達具合でタマがキュンキュンしまくった。しかもお姉ちゃんもの。あーこりゃ決まりだ今年の姉投票の4票目あけとこう、2年連続投票だ・・・・と思ってたら年内出なかった。残念。

で、代用で他のお姉ちゃん作家を探しに、はんぺらとかdoumouと同じくらい乳圧のある姉作家を探しに(いるのかよ・・・)12月最後の土曜夕方アキバKブックスいった。けど、王様アプリがっつり立ち読み(&ブランディッシュ最終巻のオチを確認)しちまってもう閉店時間。こりゃあだめだ姉縛り投票は無理だ・・・・で、帰宅。一息ついて生き残ってる本見渡して・・・

原点立ち返って「好きなエロ漫画家に投票しよう」と決意。じゃあ

 ① 特に語ることはないが
 ② こっそり売れている
 ③ のに、エロマンガ大賞では全く票の入らない

をすべて満たす、ある意味スーパー勝ち逃げエロマンガ家・甲斐ひろゆき。

タイトルまんまの、仕事してからセックスするだけのかんたんなエロマンガ。
いろいろなイントロシチュエーションはあるけど、尺の長い肉弾SEXシーンはどの話も健在。
爆乳女性とのHで興奮していつもより頑張るオトコ・・・以上にいい年したオンナのほうからもう全身全霊でガツガツ男根加えこんできたり、雄たけびあげながら腰振ったりで最終的にオトコの方が精も根も尽き果ててしまう流れ。豪快で見ていて胸がすっとする気持ちよさがある。各種風俗プレイネタをスパイスとして効かせてるのがすごくよくって、それで本全体のリズムが一本調子にならないですんでる。

昨年「超大物作家(自己申告)の初単行本!!」みたいななんか大言壮語がいくつもあったりしたけど、エロ漫画ってこの本みたく気楽に読めて気軽に抜けてスッキリしてああ面白かった、ってのが本来の所じゃない?これくらい肩の力抜いて、これくらいあっさりした絵(と真っ白背景)で、こんな感じに大きいおっぱいにあやかる(ちと肉付きすぎだろうけど)ってのがエロ漫画もともとの役割(と存在意義)だよね。

でも、これから読もうとする人は裏表紙のでっかいオバサンをみて裸足で逃げ出すと思う。
この本はシロウトにはお勧めできない。

で、1月も半分を過ぎようとしてるのにドスケベボインおばさんズがこっちの都合も知らずに今夜も枕元で待っている。どうにか乗り越えねばならない。
モザイクがなかったら死んでいた。
そして来月出る「山ノ上日記」はモザイクがない(&10P大乱交)という・・・

チビッコぷにぷにペット/てつ,
・この時勢に大変チャレンジャブルなペドに両足突っ込んだいつもの内容
この人には異色のロリ巨乳露出乱交がストライクすぎて困った。もちろんいつものも好きです
修正もかなり攻めており、様々な意味で大丈夫かと心配してしまう


ぼくたちの禁忌/東西,
・東西氏といえば大人のお姉さんを得意とした作家ですが実は年下物もうまいんです。
この単行本ではその才能のいっぺんを見事に見せてくれます。もちろん年上の女の人もすばらしく
さらに得意の近親相姦を織り交ぜた特上サービス作品。

発情セックスDays/アーセナル,
・兄や弟がJK姉&JK妹とやりまくる近親相姦作品集。基本中出し。毎回断面図アリ。
子宮口に亀頭を押し当てて精液を子宮に流し込む描写がこの作家の白眉。性器描写もイイ。

もいろみるく/あらいぐま,
・氏の初単行本。やや古い作品もあり絵柄にばらつきがあるが許容範囲。
ラブラブ純愛エッチ+尺タップリの濃厚エロで非常にインパクトありました。
ダークホース的存在

せっくすのしくみ!/六角八十助
・1位(編注:DISTANCE)と同じく、むちむちあまあまぐちょぐちょ路線で。初単行本でこれはすごい。
おねショタものが珍しく貧乳と言う変化球もきいてる

11月

お姉ちゃんの中においで/中山哲学,
・13年夏、狂ったようにファイヤーしまくった恋色アルコール(TENMAコミックス)に、去年惜しくも投票できなかったので今回はTENMAコミックスから姉物出たら投票しよう、3票目もう開けくぞい、と準備してた。
で、11月の頭に新刊買いに行って表紙見た瞬間「あ、たぶんこれだな」と予知めいたものがキて買った一冊。

長らくMUJINでずっと描いていたがそろそろ違うことやってみっかと茜で年上お姉さんものをひとシリーズ描いてみたもの。おねショタ理想の展開を意識しつつ、いかにおっぱいをエロくフォーカスさせるかに気を付けて話が進んでいく。真ん丸おっぱいぷっくりデカ乳輪の実姉(裏表紙)で童貞捨てる話がうらやましすぎてうおーうおー咆哮しながら何度もファイヤーした。女性がみんな親しみのある優しい顔つきをしてて、それでいてブリンブリンの巨乳見せながらラブラブHしまくるのにムスコも号泣。全編とおしておでこ(と胸元)を広くとって、女性がみんな優しいオネエサンオネエサンしてるのがすごくよかった。新刊エロ漫画の糊付けが悪いと昨夏なんども言われてたようだけど、TENMAコミックスはそんなことないからいいよね。
獲る猫(TENMAコミックス)に投票してる人↑もおんなじこと言うと思う。
実家暮らしのヤツは、是非この本の「生活臭」を味わってほしい。

MUJINを飛び出して新しいことにチャレンジする作家応援と、茜の巨乳もの
(茜社員のモノサシからいったら爆乳か)はとてもいいものだ、という意味を込めて投票。

いつでも君を、想ってる。/きみおたまこ,
・ベテランだがわりと今風の萌え絵だと思う。JC貧乳中心。全て和姦でラブラブがよいが、
女の子の泣き顔が見たいという人にお薦め。全ての作品で涙ぽろぽろ。

ドキドキろりっくす/前島龍,
・ロリビッチJSもの。HENTAIに出来上がったJSがエロを貪る様は圧巻。
エッチな娘の心の声もそそられた

MOTHER X/内田こねり,
・自分だけだろ枠。前から匂わせてはいたが、引退されるようで…
近年の母子相姦路線はちょい苦手だったが、長い間お世話になっただけに残念
この業界で特段珍しいことはないが、諸行無常であります

全穴輪姦シ/阿部いのり,
・タイトル通り、女の子がとにかくあらゆる穴を犯される本。実に潔く、使えた。
でも自キャラ愛は深いらしく、書き下ろしの充実ぶりが読んでてほっこりする
相当売れたようで、エンクラ内での作者の扱いが一気に良くなってて面白かった

白濁戦姫エレアノール/たいらはじめ,
・とりあえず儲なので。安定したストーリー、安定した作画、安定したエロで
エロマンガ界の時代劇というべきか。エルフ・屈辱・堕落好きならオススメです。

義妹禁断症動/志乃武丹英
・志乃武さんのは毎度お世話になってます。
それほど画力が高い訳ではないですが義理妹にフェラ口内射精が本当によくかかれていて
この人の単行本で射精するのはとても気持ちよいです、魂がもっていかれるぐらいで何回も抜いてます。
ダブルフェラは最高ですな

ころくるオモチャニクル/のら猫長屋,
・のら猫先生実に5年ぶりの単行本です。RiNが休刊してからしばらく行方不明でしたが先頃ばんがいちにて復帰。すぐさま出された単行本がこの作品です。コミックパピポ時代から長年続けてきた「おもちゃ」シリーズをメインに作者の好きな?巫女さん物の2本掲載、RiN時代の作品をまとめた単行本です。ファンとしては単行本出るだけでもう年間ベスト!って思っちゃうんですが、修正が厳しいのがちょっと玉に瑕。
やっしーの仲間達もキャラが益々動き出して、過去に「おもちゃ」シリーズを読んだ人は必読の書

S.H.N.D.エロ★GALいるって本当ですか!?/久水あるた
・久水先生については、うまいんだけどいまいち一線を越えられてない感じがしたんだけど
今作でつきぬけたと思います。デブっぽくなってる気がしないでもないですが、非常にいいエロさでした。
コアの修正を加えても十分エロ買ったです。これからも期待しています。

私は他の男と、SEXして、SEXして、SEXをした。/佐藤登志雄
・NTRれるヒロイン綾音の魅力が大きい。真面目すぎず緩すぎずのバランス。
堕ちていくドキドキ感、でも満たされていく充実感がとても強く感じられて楽しめた1冊。

おねショ/高岡基文
・タイトルはおねショタものを前面に押し出しているものの、実際にそうなのは収録作の半分程度。
とはいえ、奔放な女性と捕食される少年たちのお話の濃密さは、数の少なさを補って余りあるほどだった

恋色Girls総天然色/宝あきひと,
・最近としては珍しく、巻頭から巻末にかけて作品が新しくなっていく構成。
おっぱいの大きさも単行本後半が巨乳。線の数もいい感じに厳選されて描かれていて読みやすい。
後半でかなり絵柄が進化しているのでサンプルが前半部分のみでも気に入ったなら買って損無し。
貧乳キャラが前半に集中しているので宝あきひと先生の貧乳が見たい人は要注意。
中がいいといいつつカニバサミしたり中出しされた後腰がはねていたりちょっとした仕草がとてもエロい。
砂糖入れていないのに口の中が甘くなってくる台詞回しも秀逸だと思います。

ボクはあなたにワンと鳴く/イシガキタカシ,
・これは表題作の来栖先輩ですね。一目でドキッとしました。
イシガキタカシさんはこの続きも同人誌で書いてくださったのが個人的にはすごくうれしいですね。
ただ、個人的には制服のままでずっといてほしかったなあ……そういう意味では1話がピークでした。
でもその1話は私にとっては100話分の価値があると言っておきます。ちなみに2話は50話分で3話は3話分です。

ちゅぱ・シャワー/八尋ぽち,
・平積みされていたので思わず表紙買い。おススメは「公開はめまショー」
かわいいいじめっ子達の前で「公開はめまショー」、彼女達がデレて「全員はめまショー」

ヒメパコ/ReDrop
・ワニから前回出た単行本はあまり合わなかったが、今回は好みの作品が多く載っていたのでランクイン。
特に人妻系や先輩キャラが色っぽく描かれていて良い。因みに奥様は処女という作品はキャラの見た目は人妻系だが大人っぽいJKの話でこれが目当てで購入。

12月

[個人撮影]JSJC撮ってみた/オオカミうお
・おおかみうお先生も久しぶりの単行本。相変わらずその丸みを持ち
適度にデフォルメされた絵が最高です。話も適度にダークで実用的。

彼女が選んだ結末 ~一時の快楽、永遠の愛~/ハルサワ
・エロ描写に関しては間違いなく昨年No.1。とてもハァハァしながら読めた。
ただ3話4話が何か今ひとつだったことと、話の内容が今ひとつ釈然としないのが残念。
堕ちるまでが割とあっさりだし言葉責め(?)の内容も「う~ん」だった。
ストーリーの完成度が良かったら間違いなく一番よかった。

むちむち・くりーむぱい/丸居まる
・2015年むっちり部門賞。乳はエロなら尻はロマンだと思うわけです。
巻頭のハーレムも良いけどイチオシは母親に似てきた二人娘。血がつながらないのはお約束。
乳もだけどとにかく尻のこだわりが素晴らしい。ペンネームは伊達じゃないですな。

人恋し、妻/春城秋介
・今年一番使った。肉感的な女性の体が最高。バランスはよく、その上でボリュームのある熟女系の欲求不満な女性が乱れる話ばかりでむっちり熟女好きには究極の一冊になっている。セックスシーンもそこまでの展開もいいが一番はフェラ。雑誌ではゴタゴタ影響でコンビニ誌みたいなモザイクで良さが半減していたが単行本ではいつもの消しになって復活。チンポのサイズや絵が良く、そこにスキモノ的な顔や描写に汁感やディープスロートが相まって凄くエロい。女性のほうが性に飢えていて性欲旺盛なところなんかも好き。

王様アプリ/高津
・催眠ものにNTR要素というこの作者には珍しいジャンルに挑戦しつつ、得意のママショタはしっかり描けている。自分の好きな作家が自分の好きなジャンルを書いてくれるとすっごくありがたい作品になる、といういい例でした。


幼性開発/リリスラウダ
・リリスラウダさんのはついでに買いましたがまあ良かったですかな
今度はもっとわかりやすくお願い

いまりあ/武田弘光
・年末にやっと出てくれました、ワニ特有の延期で来年になるかとヒヤヒヤしましたが。
前作「ツンデロ」と比べて、絵が良くなったのと、ほとんど描かれなかった堕ち物が中心なので、
実用性はさらに上がっています。一般に行くとこっちの筆を止める人が多い中、コンスタントに
描いてくれる漫画家は本当にありがたいです。


友野ヒロ/ほしがりGF
・友野ヒロ先生は素晴らしいです。ヒロインがとにかく可愛い
ムチに可愛く最高です 今度の単行本も楽しみですね。今年は年末に良い単行本が集中しましたね

  • 最終更新:2016-05-27 05:24:35

このWIKIを編集するにはパスワード入力が必要です

認証パスワード